M10 Monochromを買いに行こう

M Monochrom(CCD)が優秀で十分な撮れ高があるからM10 Monochromは必要ないと言ったばかりなのに…。
スマン、ありゃあウソだった。

ただ、ここに至るまではちょっとアレコレあったりなかったりしたので一旦今日を時系列で。
まず昨日の夜景撮影時点ではCCD MMに十分満足していて、ちょうどどこにも在庫が存在していなかったM10 Monochromには縁がないしもういいや的な気持ちになっていた。
これはマジ。

そして翌日の今日。
ワイフの買い物に付き合うのと浜離宮恩賜庭園へ菜の花を見に行こうって事になった。
Bus
なんとなく普段とは気分を変えたい感じがあったので今日はバス旅。

Tsukiji
人がゴリッと減った築地に立ち寄る。

築地を横目に見つつスッと通り過ぎて浜離宮恩賜庭園へ。
Hamarikyu
菜の花は遠目に見るとぎっしりの最高潮といった雰囲気があったのだけど、近くに寄ってみるとなかなか切なさのあるスカスカっぷりになっていた。

Hamarikyu
大量のミツバチがあっちの菜の花こっちの菜の花とせわしなく飛び回っていた。
いい感じに撮れた1枚。ほかは目も当てられないものだった。

Hamarikyu
浮島にある茶屋はコロナウイルスの影響で橋ごと閉鎖されており、写真を撮るには逆にありがたい無人状態となっていた。

ワイフの希望で銀座の寿司屋(富山のアレで東京初出店)に行くことになったのだけど、「じゃあ折角だからLeicaにも寄っていく?」と悪魔のささやきが。
この前に行ったときは確か1台在庫があったと聞いていたが、不確実なところへ行ってがっかりするのも面倒だったので昨日不意の情報提供があったカメラ屋に確認の電話をしてみた。
Sushi
お寿司美味しい。

Ginza
ワイフのお買い物にお付き合いしつつライフワークのストーキング。
ズミクロンのこの分離感たまらない。このためにあるレンズだと俺は思っている。

Ginza
2ndだよ。結構昔のレンズなのに現行とそう変わらない描写してるの釈然としないけど好き。

Ginza

LEICA M10 MONOCHROM
そして、スタバに寄って家に帰ってくるとM10 Monochromがついて来ていた。
めちゃくちゃ懐くから見捨てて帰ってくるなんて俺にはできなかった。

衝動的にこんなのをアレしてしまう俺を許してくれるワイフ。強い。

帰宅、夕食、飲酒後に外へ試写しに行くほどの元気は残っていなかったので家でワイフやねこを使って試写してみた。
まず球面ルクスで試写したのは間違いだったと思う。
maco
CCDの時では考えられないぐらい高感度を簡単に使える。
M10-Pの時も言ってたことなのだけど、CCD MMのレリーズ音から比べるとものすごい静音。
CCDの音も好きではあったがやっぱりたまに視線が気になる感じはあったよね。
あとはLV。なくてもいいんだけどあると助かる。諸々が進化しまくってて違和感の塊。

これで昨日悔しい思いをした夜景絞り目SS稼ぎのリベンジができる。

来月の京都旅行はこれと6枚玉オンリーで行こうかな。

コメント

タイトルとURLをコピーしました