Rare Xenon gathering

世界に数えるほどしかないレンズを持った二人がなんとなく高い場所で待ち合わせてビールを飲みに行く会をしてきた。
ワイフ以外の人と会話らしい会話をするのは久しぶり。

ちなみに全カメラ人類には撮ったら普通に写る事が当たり前だと思わない事、普通に写るありがたみを噛みしめる必要がある事を再認識してもらいたい。
Roppongi Hills
待ち合わせ時間より1時間以上早く着きそうだったので手前の駅で降りてちょっと歩く。
Roppongi Hills
ギロッポンズーヒルは東京シティビュー以外ではあまり来ないのだけど、徐々に人出が回復している感じがあった。
Tokyo City View
同じ時間に展望台の予約をしていた以外に細かい待ち合わせの指定をしていなかったのだけど、若干個性的なマスクをしていたおかげでサクッと見つけてもらえた。
ありがとうRIPNDIP。
Tokyo City View
F1.5の皆がよく知るあのクセノンとは少し違う、数えるほどしか存在しないクセノンや、ストッパー付きズミルックスなどをバラっと並べて一通りニッコリした後は屋上へGo。
Tokyo City View Sky Deck
ゴリゴリに絞ったズマレックスの描写すごくいい。
重いからあまり持ち出さない感じになっているけど、これすごくいい。もっと使おう。
Tokyo City View Sky Deck
開放との写りの違いが別のレンズぐらいのアレでもうアレ。
Tokyo City View Sky Deck
Tokyo City View Sky Deck
エモい感じにしたかったら開放しかないのだけど、絞った時のこの雰囲気は最高にアレ。
Tokyo City View Sky Deck
開放も悪いわけじゃないから適材適所だよね。知らないけど。
Shadow of a Man
場所を渋谷に移して球面ズミルックス。
beer bottles
これが好きなのは知ってるからもうどうでもいいんだ。
M10モノクロームで使える事が嬉しい。
craft beer
craft beer
嬉しいからフルーティなシャレオツクラフトビール飲んじゃうよね。

一通りカメラやレンズや世間が意外に狭かった話をし、次回はあそこで飲もう的な話をして解散。
walker's hell
最後は俺的恒例の歩行者地獄。
今日はいつもの地獄よりも人が多めだった。お盆前に随分と罪深い。

コメント

タイトルとURLをコピーしました