CP+ 2015

個人的に今年はFUJIFILMがメイン。
去年のCP+で見たせいでX-T1買ってるしね。
タッチアンドトライ、クイックメンテナンス(おまけ含む)が主。
NikonはD810Aぐらいしかなさそうだしあとはサードパーティレンズかな。

あとはVoigtländerとZeissでX-T1用のレンズを見るぐらい。

一般客の会場は12時だったから11時半ぐらいから並び始めたけどものすごい人だった。
待機列の先頭にはパスを忘れて入れないんだよって中井精也さんがいた。
写真をお願いしたら快くポーズを取ってくれた。

クイックメンテナンスが整理券制なのはわかってたから開場後すぐにFUJIFILMブースへ。

着いた時点で初回の受付が終わってて13時半以上の整理券になってしまった。

もう一つの目的のタッチアンドトライの列へ移動。
こっちは10分ぐらい待ったらすぐに順番が来た。
持参のボディにレンズを付け替えてくれるとのことだったので色々試させてもらった。

まずはXF56mmF1.2 R APDを貸してもらう。

バイクにピントを合わせてみる。
目線をくれたおねーちゃんがなだらかにボケている。

今度はちゃんとピントを合わせる。

いい感じの雰囲気で撮れる。APDじゃない方を貸してもらうの忘れたので比較ができないのがアレ。

つぎはXF50-140mmF2.8 R LM OIS WRを貸してもらう。

いまいち使うシーンが想定できない。
いっそXF100-400mm(&テレコン)で鳥撮りしてみたい。

残念ながらXF100-400mmは展示品しかなかった。

テレコン。

XF35mmF2 R。

見た目は好きだけど現行35mmのリニューアルじゃなくて廉価版だったのは残念。

Nikonブースにちょい寄り。

D810Aはあんまり人が集まってなかった。
やっぱり天体撮影用って人選ぶよな…。

AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VRはまぁまぁ人がいた。

PENTAXは話題のアレがアレだった。

展示品しかなかったけど人がたくさん。

思ってたよりもコンパクトだった。

sigmaはdp0ののレンズの長さしか印象に残らなかった。

Voigtländerのカメラすげえかっこいいけどフィルム沼は深すぎる…。

ZeissでX-T1に付けられてたものをいくつか試したけどいい…!
デザインがちょっと気に入らない気もするけどこれはいい!

次のXマウントレンズはフジノンじゃない可能性が出てきた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました