ゆとりとめんま

カメラを買ってから1番活躍してる被写体のフェレット。
よく動くしあまり大きくないから動体撮影の練習にもなるし、室内撮りの設定もあれこれ試せて一石二鳥!

ただやっぱり室内だと低ISOでは撮れないから自然に明るいレンズで撮る以外になくて寄ろうと思うと60mm f/2.8しか使えない状態。
ある程度妥協して50mm f/1.8Gで撮る方がいいのかなと思いつつも大きく写したいからなぁ。引きでトリミングもやってみよう。

あとは被写体ブレ。
感度あげれば手ブレはどうにかなるけど被写体ブレがどうしようもない。
いい感じにこっち向いて止まってくれてもピントが来た瞬間にぐりんって違う方向向いたりしてて、後で写真確認するとブレどころか残像みたいになってる。
犬猫ならある程度落ち着いてるし楽なんだろうけどフェレットはなかなか大変だわ。

前置きが長くなったけどこの子らがペット兼練習台のフェレットさん。

こっちがゆとり。もうすぐだいたい2歳。
好奇心旺盛で家にあるいろんなものを引っ掻き回すし引き戸を開けてさらに外へ逃げようとする。
超アクティブ。

こっちはめんま。だいたい1歳。
落ち着きがあるけどデカい。
ゆとりより1年若いけどぱっと見めんまの方が大人に見える。
ゆとりと戦うとめんまが毎回勝つ。

じゃれあってると最終的に毎回こうなる。
大人なゆとりが負けてあげてるのかガチで負けてるのかはわからないけどガチっぽい。

ほったらかしだとわちゃわちゃ動いててアレだけど、おやつをあげると割りとちゃんと撮らせてくれる。

あまり明るくない室内でISO感度上げないで適度に絞りつつブレずに撮る方法ないかな…。
開放だと寄った時にピントが合う範囲狭すぎてアレだし絞るとSS稼げないしISO上げるとノイズがゴイスー。
書いてるうちに50mm f/1.8Gの開放でちょっと引きで撮ってからトリミングが現状最適解な気がしてきた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました