追花タンバール

タンバールを買ったら花を撮りたいと思っていたんだった。
浮かれすぎていてすっかり忘れていた。

GW延長戦が終わり社会復帰が難しい状態になっていたので、会社へ向かう動機付け的な意味も含めて花を撮ろう。

※比較で記事分けるのもアレだと思ったので追記にした。

未だにフィルター運用が定まらない。
今日はセンタースポットフィルター付き。
別に固定する必要はないし、被写体次第で変えればいいのだけどいちいち悩む。

まずはタンバールの前ボケ、後ボケの違いがよくわかる感じの写真。
double bokeh
前はなだから後ろはばしゃー。
フィルター有りだから余計にうるさい。

後ボケがうるさいのは分かってるのだから、それ用の撮り方をすればいいのにすっかり忘れていて、結果こうなる。
noisy bokeh
ちょっと油断するとボケに主役を持って行かれそうになる。

90mmノーファインダーにも挑戦した。
cafe
ピントは家に忘れてきたかな?
さっきまでは近くにいたと思ったのに。

記憶が新鮮なうちにというか、今日撮った花が枯れないうちにフィルターなしで同じように撮ってみようか。

2018/05/16追記
早速センタースポットフィルターを外し、前ボケを意識して撮って来た。
beautiful bokeh

やっぱり前ボケを強調する感じに撮ると雰囲気がガラッと変わる。
beautiful bokeh
俺が求めてたタンバールの描写はこっち側のやつだ。
ボケがクソうるさい方の写真も嫌いではないのだけど、これが続くとたぶん食あたりみたいになる。

ちょっと離れて撮ればフィルターの有無はそこまで影響がないのかなって印象。
couple
自由に使いこなせるようになるまで長くかかりそうで楽しい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました