ソフトイルカショー

今日は休みじゃ、グフフ。

ワイフは連休最終日ぐらい食事以外では出かけず家でゆっくりしていたいと言うので、イルカショーを撮るために水族館(アクアパーク品川)に行って来た。
ひとりで。

今日はMモノクロームとタンバールだけでイルカショーを撮ってみようと思い、それ以外は一切持ってこなかった。

普段より少し遅い11時ぐらいに着いたのだが、夏休み時期でもない平日なのでそこまで混雑はなく無事座ることができた。
ジェイソン・ステイサムのアクションを観ながら開演を待つ。

ピントを置いておける系の演目だと割といい感じに撮れるのだけど、ショー開始から早速辛いシーンの連続。
jump

90mmだと狭すぎる上にピント合わせがなかなか難しい。
急にザバッと出て来るタイプのやつは二重像を一致させるのに手間取ってしまい圧倒的な歩留まりの悪さ。
絞ってしまったらタンバールの意味がないしで結構キツい。
jump

タンバールのソフト効果が悪い方に効いてないか?ってぐらい神々しい雰囲気になった。
heading

最後までワタワタしながら撮り続ける。
jump
周囲は小さい子供連れか若いカップルしかいなかった。
ソロおじさんはたぶん俺だけかな。

その辺の雰囲気はすみだ水族館の方が過ごしやすいかもしれない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました