ヨルザギン

ふと気づいたらiPhone 11 Proのディスプレイを縦断するような結構深めの傷が1本入っていた。
これぐらいなら無視して使い続けようとも思ったのだけど、爪が引っかかるほど深い上にダークモードだと意外に目立つ。

と言うわけで早速修理に行ってきたのだが、Apple Store随一のファッキンポンコツマンのおかげで無駄に1時間待たされ、修理待ちでさらに1時間。
Genius Barの予約システム自体はいいと思うんだけど、受付にとんでもないポンコツを配置してしまう人的バグがある限りは定期的に被害者が出ると思う。
Ginza
修理中はブラブラ外を歩いていたのだけど、iPhoneがないと結構やることが限られてしまって身動きに制限が出る。

Ginza
ディスプレイに1本線が入るだけの場合は無償修理の範囲内だったらしく、AppleCareのアレも使用せずに済んだ。
あと2回は画面を許されるので、まだまだケースもフィルムもなしで過ごそう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました