#赤外線写真

Leica M8を買ったらこれをやらないと学生なら留年、社会人なら減給になるぐらいの必須のアレらしいのでやってきた。
天気もいまいちだったし、家を出た瞬間からビール飲みたくなってたので、モチベーション的には勉強しようと思っていたタイミングで勉強しろって言われたぐらいの感じだった。

緊急事態宣言が終了したにも関わらず国や都が管理している庭園は閉園を継続。
ちょうど桜の時期だし、咲いたら集まって酒を飲まないと死ぬようなのが大量に押し寄せてふりだしに戻るってのも想像に難くないので、判断としては正しいのだと思う。
Kiyosumi Park(infrared photography)
なので隣の公園へ。保育園的なキッズの団体がいて若干写真を撮るのが憚られる感じがあった。
ワイフを帯同しているだけで心理的ハードルがグッと下がるのだけど、おじさん一人だとちょっと考えてしまう。
Tomioka Hachimangu Shrine(infrared photography)
木を求めて富岡八幡宮へ。思ったよりもアレだった。
Monzennakacho(infrared photography)
そして赤外線写真はストリートスナップ的なのには全く向かないと知った。
人が人の形をしたなにかになってしまってアレだね。
cherry blossom(infrared photography)
そして桜も桜じゃなくなると言うかすごく白いなにかになったのでこれもアレ。遠景向きだね。

酒を飲ませるめぼしい店がまだ開店していないので、予定外の遠征。増上寺へ。
11時なら余裕で飲みたい紳士・淑女わんさといるでしょう。20時21時までの時短営業と戦う手法としての朝飲みは良いと思うんだよね。俺みたいなソロ紳士もたくさんいるだろうし。
Zojoji Temple(infrared photography)
Zojoji Temple(infrared photography)
工事中だったの忘れてた。気を取り直して東京タワー。
Tokyo Tower(infrared photography)
桜越しの。割と飽きてきていたのだけど、手ぶらで来ていたせいで外したフィルターをどうにかする手段がなかったので耐える。
Tokyo Tower(infrared photography)
アンダーに寄りすると結構普通だなって思いながら撮っていたけど、普通の概念が壊れてたんだと思う。普通ってなんだ。
Tokyo Tower(infrared photography)
東京タワーの東京タワーらしさみたいなのをバッサリ切り落とした様な写真ばかりになった。
crossing(infrared photography)
ちょうど昼休みの時間帯になってしまったせいで、このあたりの飲食店はサラリーマンの群れに占拠されてしまった。
喫煙所に行列ができているのを初めて見た。混雑の中に無理矢理入っていかないぐらい理性的であるなら吸わない選択肢もあるのではないかと思う。

サッポロ生ビール黒ラベル THE BARを目指して銀座へ移動したが、平日は14時開店だったのを失念していた。
Tokyo Station(infrared photography)
すべてが嫌なになったので家で飲んでる。

そして赤外線写真に最適な場所はどこなのだろうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました