暗いレンズとM10 Monochromの夜

次の週末あたりに試せたらいいなぁとか思っていたのだけど、案の定我慢できなかった。

とは言え、ついでレベルなのでISOオートでどの位戦えるのかの感触を確かめるみたいなところで落ち着いた。
腰を据えてってのは週末の楽しみにとっておこう。

オートが賢くないのか、今まで持っていた物を含めデジタルライカで初めて使うオートを俺が賢く使えていないのかは定かではないがのっけからISO 50,000まで上げてきた。
Shibuya
背面液晶で見た限りではまぁまぁイケてるのかなと思ったけど、さすがにちょっと無理があるような…。
好き嫌いで言うとここまで明るくしなくてもってところではあるのだけど、そこまでいやらしいノイズって感じではないような気もする。
Shibuya
ISO 16,000でこんな感じ。
SS抑えてたから被写体側がブレてしまっているが、これなら撮り方次第で普通に使えるような気がする。
Shibuya
ISO 6,400は余裕で使える。
Shibuya
ISO 1,600はまったく文句なし。
もっとしっかり動いている車を流したかったのだけど、SSが中途半端過ぎた。

今回はM10モノクロームが持っている素のパワーを確認する意味もあったので、現像では何もいじらずにLightroomからストレート出力。
だから明るすぎたり暗すぎたりするのは、カメラを使う俺のせいではあるけどカメラのせいで俺のせいではないからね。

とりあえずなんとなくレベルでどう使えばいいのか的な勘所は押さえられた気がするので、ぼちぼちアレのリベンジを…。
雨さえ降らなければ…。

コメント

タイトルとURLをコピーしました