アサカメ

なんの前触れもなく梅雨が開けた!これは家でダラダラしている場合ではない。早起きしてさっさと出かけねばと思っていたのに、起きたのは9時でコーヒー飲みながらライカの宗教紙(Pen+)を読んでいたら11時になっていた。
さすがにそろそろ出ないと色々アレだと、慌ただしく出発したら財布を忘れたI’m Mr.サザエさん。

ぼちぼち人出が回復しているかなと思いつつ訪れた久しぶりの浅草は相変わらずの感じ。
Asakusa
戻ったのは神谷バーの前は開店待ちをしているそれっぽいおじさんたちと、セミより多くてうるさくてうっとうしい人力車メンぐらい。
Kaminarimon Gate
雷門前もこざっぱり。
Nakamise Street
Nakamise Street
仲見世通りに入ると若干人が増えたような雰囲気はあるれど、外国人がほとんどいないのでやはり少ない。
でも年末年始以外はこれぐらいが丁度いい気もする。
ITOEN Bazooka
伊藤園バズーカ。田舎から来た様な若者たちは目の前でバズーカ水を浴びて楽しそうにしていた。
おじさんぐらいの玄人になってくると生死に関わる可能性があるのでパス。
Sensoji Temple
pigeon
夏の鳩って情緒的な感じがするのは俺だけだろうか。
手前味噌だけどこの写真もめちゃくちゃ好き。

ひと通り撮り歩いた後はワイフとの待ち合わせ場所である亀戸を目指す。
Compared to the one in France....
ポンデザール橋を目指しているのかもしれないけど、場所柄エグいぐらいスベってるし江ノ島のアレにすら到底及ばないと思う。
なんならここに南京錠付けたカップルは早々にアレしそうまである。
tokyo-mizumachi
tokyo-mizumachi
東京ミズマチは思っていたよりもいい感じでワイフと行ってみたい店もあったのでそのうち。
yakiniku
yakiniku
ワイフと合流後は亀戸ホルモン。
当初は初代吉田の開店待ちをしようと思っていたのだけど、いつもは行列になっているホルモン青木が待ち時間なしで入店できたのでそちらへ。
脂の塊とあっさりを交互に食べる大人ムーブで胃もたれや胸焼けに襲われることもなく満足行く焼き肉だった。

帰り道にフクロモモンガを迎え入れそうになったが、ねことの相性があまり良くないらしく断念。
でもやっぱり散歩したいから次なにか生きものを増やすとしたらいぬかな〜。

コメント

タイトルとURLをコピーしました